ブランドストーリー

LHAMOUR(ラムーア)は、2014年にモンゴルのキッチンから始まりました。

2012年にニューヨークから帰国したKhulan(フーラン)は大気汚染や激しい気候などの環境の変化により生まれて初めてアレルギーによる肌荒れを経験しました。

医師に相談すると、ナチュラルな製品を進められましたが、当時はモンゴル国内を探してもナチュラルな製品はほとんどなく、ナチュラルな製品にみえても実際の成分はナチュラルでない、または、ナチュラルな製品であっても品質の低い製品が大半でした。

Khulanは肌や製品について勉強するうちに、情熱を感じ、自らナチュラルスキンケア製品をつくるこを決意しました。

 

社会的企業 (SOCIAL ENTREPRENEURSHIP)として 

モンゴルは豊かな自然に恵まれる天然資源国であり、輸出額の約9割*を石炭などの鉱物資源が占めています。残りの1割には、カシミヤや皮革などの畜産品があ てられますが、資源輸出に依存する経済や産業構造にあります。

LHAMOUR がモンゴル初のナチュラルスキンケアブランドとして生まれた後、モンゴルでは他にも新たな化粧品ブランドが立ち上がっています。LHAMOUR は モンゴルの国産化粧品産業をリードし、新たな産業を生み出すきっかけにもなりました。 

また、モンゴルの豊かな天然素材を用いて製品を製造することで、付加価値を生み出し、雇用を創出していることからも、LHAMOUR は社会的企業として、事業モデルそのものが SDGs や環境への取り組みに直結しているといえます。 

このような背景から、LHAMOUR はグローバルブランドとして、モンゴルから世界にポジティブなインパクトを与えることをミッションに掲げています。

 

ブランド名の由来

LHAMOURは、モンゴル語で「LOVE」を意味する ”AMOUR" と、Khulanの姪の名前 ”LHAMO" を組み合わせて名付けられました。

LHAMOURのフィロソフィー、”Love yourself, love the others and love the environment." に姪の名前を組み合わせることで、未来の世代へつなげていくという思いが込められています。

 

(*ジェトロ:モンゴル経済概況、2019年3月より)